AGA病院での治療費用

専門病院と一般病院では治療費に差がある

AGA治療を受けられるのは、AGA治療に特化した専門病院と、他の分野と一緒にAGA治療を取り扱っている一般病院のどちらかとなります。

専門病院と一般病院において1ヶ月にかかる治療費を比べると、前者の方が高くなる傾向にあります。
病院によって多少の変動はあるとしても、専門病院では15,000円~30,000円程となっており、一般病院ではそれよりも安い10,000円~15,000円前後の費用がかかるものとなっているのです。

どうして同じ病院なのにこんなにも差があるのかというと、専門病院では発毛することに重点を置いているからであり、一方、一般病院ではAGAの進行を抑えることを目的にしているからです。

何を一番の目的にしているかでその治療内容はおのずと変わってきますし、診療頻度でも違ったものとなります。
特に大きな料金の差を作るのが、治療内容です。
どんな治療をするかで、それにかかる費用が大きく変わってくるのです。

飲み薬

AGA治療では定番ともなっているプロぺシアの相場は、約1ヶ月分で約7,000円~10,000円。ジュネリック医薬品であれば、約2,000円前後となります。

塗り薬

ミノキシジル成分がはいった塗り薬では、リアップとロゲインが有名。
リアップの約1ヶ月の費用は、60mlで約7,000円~8,000円。ロゲインでは同じ量で約2,500円となっています。

注射

ミノキシジルやフィナステリドといったAGA治療ではお馴染みの成分だけでなく、
アミノ酸やプラセンタといった有効成分も混ぜ合わせて使います。
相場は1回約30,000円~40,000円と高額。
アメリカから輸入したHARG治療ではさらに高くなり、約70,000円~90,000円。
費用はかかりますが、その効果は非常に高いです。

植毛

受診する医療機関によっても変動しますが、1本当たり約300円~1,000円。
1,000本植毛すれば約300,000円~1,000,000円となります。


病院で治療を受けると、健康保険により治療費の何割かの負担ですみますが、AGAは生命に関るような病気ではないので健康保険が適用されません

AGAの治療は大きく分けて飲み薬、塗るタイプの育毛剤、植毛、発毛などと分けられますが、いずれも厚生労働省が定める医療保険の適用範囲に含まれていないのです。
病気治療というよりも、美容整形と同じ分類に属しているので健康保険が適用外となっているのです。

ただし、例外もあります。
精神的な理由や他の病気による影響からAGA治療を受けなくてはならない…なんて場合は、医療費控除を使うことができます。
とはいえ、その為には税務署および税務署職員から認可を貰わなければいけないのですが…。

ちなみに、治療費や薬代などの合計が年間10万円を超えた場合は、それにかかる税金分は返ってきます。
全部がそれに当てはまるということはありませんが、当てはまるものもあるので最寄の税務署に相談してみるといいでしょう。

トップへ戻る