セカンドオピニオンのススメ

長い治療期間の不安を解消するセカンドオピニオンの存在

最近、主治医以外にも診察してもらうセカンドオピニオンといった存在が注目を集めています。
それはAGA治療においても重要な存在となってきているのです。

患者さんには、自分の体に起こっている症状について、またその治療について「知る権利」があります。
それと同時に自分で治療方法を「決める権利」も持ち合わせています。

より良い判断をするためにも、主治医以外の専門家に話や意見を聞くのが大切。
それがセカンドオピニオンです。

今現在受けているAGA治療についてどう思うか、別に有効な治療はあるのか、また別に有効な治療はあるのか…などをもう一人の医師に再確認するのです。
主治医の話だけでなく第三者の話を聞くことで、より深く納得して治療を受けることができるとして、この動きが広まってきています。

AGAの治療は長い時間がかかり、開始してから4年たってからやっと安定期と呼ばれているほどです。
それだけすぐに成果が見れるわけではない事、長い間付き合っていかなければならないことからも、時に不安になる事もあります。
そんな時に、セカンドオピニオンを受けることで不安や迷いといったものを解消して、また前向きな気持ちで治療を受けることができるのです。

ただ、満足できる主治医を探すのも大変ですが、このセカンドオピニオンを探すのも結構大変。
また、セカンドオピニオンにも費用がかかりますので、AGA治療を始める際には、いずれお世話になるかもしれないとしていくつか候補とセカンドオピニオン専用の費用を用意しておくといいですね。

トップへ戻る